話題

消えてなくなる仕事ランキング

人間の仕事の半分が機械に奪われる、そんな衝撃的な予測をするのは、英オックスフォード大学でAI(人工知能)などの研究を行うマイケル・A・オズボーン准教授である。

そのオズボーン氏が、同大学のカール・ベネディクト・フライ研究員とともに著した「雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか」という論文が、いま世界中で話題となっている。

同論文の凄味は、702の職種すべてについて、コンピューターに取って代わられる確率を仔細に試算したことにある。これから消える職業や、なくなる仕事となる可能性が高く、産業界に衝撃を与えているわけだ。

主な「消えてなくなる職業」「なくなる仕事」(ピックアップ)

銀行の担当者

スポーツの審判

レストランの案内係

ホテルの受付係

保険の審査担当者

電話オペレータ

レジ係

カジノのディーラー

弁護士助手

簿記、会計、監査の事務員

殺虫剤の混合、散布の技術者

塗装工、壁紙張り職人

税務申告代行者

本当に人間の仕事が機械に取って変わられるのか?

Googleの自動車の自動運転や、世界中のIT企業が、AI(人工知能)を利用した次世代のサービスを研究している事は、事実ではあるが、10年間で人間の生活が一変するような気はしない。

しかし、重要と思われる基礎技術としては・・・

1.音声入力、音声回答

2.画像認識

3.高速なインターネット環境

など、色々とありますが、現時点ではやはり、Googleが一歩進んでいるんでいるように思えますが、現時点でも、一部の自動化により生活の中での安全や、効率化が随分と進んでいます。

 

本当に10年後が、楽しみです。

 

出典:週刊現代より

 




割れない鏡リフェクス(PR)

テレビでも話題の割れない鏡リフェクスミラー
安全・鮮明・超軽量と三拍子そろった鏡です。

ガラス製カガミの1/6の重量
大型鏡で起こる歪みがない0.025mmの特殊フォルム使用