ビジネス インターネット

2016年IoT国際競争力ランキング【モノ・インターネット】

前回の記事ではWEFが策定する国際競争力ランキングをご紹介しましたが、今回は総務省が平成29年に策定・発表した「IoT国際競争力指標」をご紹介します。
総務省は平成20年から27年にかけて「ICT国際競争力指標」を毎年公表していましたが、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT社会が到来しつつある中、指標の見直しをかけ、新たに「IoT国際競争力指標」を策定しています。

さて、IoTに関しての国際競争力はどうなっているでしょうか?IoTに力を入れている主要10カ国についてランキング形式でご紹介します。

IoT国際競争力ランキング

1位 米国企業(総合スコア:60)

2位 中国企業(総合スコア:54)

3位 日本企業(総合スコア:51)

4位 韓国企業(総合スコア:50)

5位 台湾企業(総合スコア:50)

6位 独国企業(総合スコア:48)

7位 オランダ企業(総合スコア:48)

8位 スウェーデン企業(総合スコア:48)

9位 仏国企業(総合スコア:46)

10位 フィンランド企業(総合スコア:46)

出典:総務省「IoT国際競争力指標の策定・公表」より
URL:http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin02_02000106.html

まとめ

1位は米国企業、日本は第3位でした。
2位は中国企業と、IoT分野についても中国の躍進は目を見張るものがありますね。

以上、2016年IoT国際競争力ランキングでした。

参考記事:国際競争力ランキング2016-2017





割れない鏡リフェクス(PR)

テレビでも話題の割れない鏡リフェクスミラー
安全・鮮明・超軽量と三拍子そろった鏡です。

ガラス製カガミの1/6の重量
大型鏡で起こる歪みがない0.025mmの特殊フォルム使用