生活

【移住】どこに住みたい?2016年移住希望地域ランキング【都道府県別】

近年では、定年後のふるさとへの移住だけでなく、若者世代(20代~30代)の移住やUターン希望者が増加するなど、都市圏から地方へと移住するのが人気となっています。
IT企業などでは、PCとネットさえあれば場所を選ばず作業ができるため、地方へ事業所を移す試みも活発です。
都心部と較べて物価や人件費を抑えられるだけでなく、食事を含めた生活環境が優れていることなども人気の秘密。
そこで、今回は都道府県別の移住希望地のランキングをご紹介。
出典は「NPO法人 ふるさと回帰支援センター」が2017年2月21日に発表した『2016年移住希望地域ランキング』より。
同センターが運営する「ふるさと暮らし情報センター」の来場者を対象にしたアンケートの調査結果からランキング発表です。
また、2009年の結果も最右列に合わせて載せております。

2016年移住希望地域ランキング

順位 2016年 2009年
1位 山梨県 福島県
2位 長野県 長野県
3位 静岡県 千葉県
4位 広島県 茨城県
5位 福岡県 山梨県
6位 岡山県 北海道
7位 大分県 福井県
8位 新潟県 山形県
9位 長崎県 静岡県
10位 宮崎県 秋田県
11位 高知県 和歌山県
12位 栃木県 栃木県
13位 鹿児島県 岐阜県
14位 愛媛県 岩手県
15位 富山県 宮城県
16位 神奈川県 富山県
17位 群馬県 新潟県
18位 熊本県 宮崎県
19位 福島県 群馬県
20位 秋田県 埼玉県

出典 :NPO法人 ふるさと回帰支援センター『2016年移住希望地域ランキング公開』より
URL:NPO法人 ふるさと回帰支援センター

まとめ

長年人気だった「長野県」が2位に下がり、堂々の一位は「山梨県」という結果になりました。
熊本地震の影響を懸念された熊本県・大分県も含め九州は6県がランキング20位以内に入るなど西日本が人気のようです。

三大都市圏への人口集中と地方過疎化が平行して進んでいる現在、皆さんも地方の良いところに目を向け、移住先として検討してみてはいかがでしょうか。

以上、2016年移住希望地域ランキングでした。






割れない鏡リフェクス(PR)

テレビでも話題の割れない鏡リフェクスミラー
安全・鮮明・超軽量と三拍子そろった鏡です。

ガラス製カガミの1/6の重量
大型鏡で起こる歪みがない0.025mmの特殊フォルム使用