ビジネス

2016年国際特許出願数ランキング【国別・企業別】

昨今のグローバル競争の中、国際特許の出願も中国企業を中心として活発となってきています。
そこで、今回はWIPO(世界知的所有権機関)が発表した2016年の国際特許出願数のランキングをご紹介いたします。
さて、日本の企業はどこがランキングに入っているのでしょうか?
そして、どの国が国際特許出願数が多いのでしょうか?

2016年企業別の国際特許出願数ランキング

1位 ZTEコーポレーション(中国) 4,123件

2位 華為技術(中国) 3,692件

3位 クアルコム(米国) 2,466件

4位 三菱電機(日本) 2,053件

5位 LGエレクトロニクス(韓国) 1,888件

6位 ヒューレット・パッカード(米国) 1,742件

7位 インテル(米国) 1,692件

8位 BOEテクノロジーグループ(中国) 1,673件

9位 サムスン電子(韓国) 1,672件

10位 ソニー(日本) 1,665件

2016年国別の国際特許出願数ランキング

1位 米国 56,595件

2位 日本 45,239件

3位 中国 43,168件

4位 ドイツ 18,315件

5位 韓国 15,560件

6位 フランス 8,208件

7位 イギリス 5,496件

8位 オランダ 4,679件

9位 スイス 4,365件

10位 スウェーデン 3,720件

出典:WIPO(世界知的所有権機関)プレスリリースより
URL:http://www.wipo.int/pressroom/en/articles/2017/article_0002.html

まとめ

企業では中国のZTEが1位、国別では米国が1位でした。
日本企業では三菱電機が4位、ソニーが10位にランクイン。国別では2位となっています。
近年では中国企業の国際特許出願が非常に増えています。
日本も改めて技術開発に力を入れる必要がありますね。

以上、2016年国際特許出願数ランキングでした。






割れない鏡リフェクス(PR)

テレビでも話題の割れない鏡リフェクスミラー
安全・鮮明・超軽量と三拍子そろった鏡です。

ガラス製カガミの1/6の重量
大型鏡で起こる歪みがない0.025mmの特殊フォルム使用