ビジネス 旅行

【国際貿易】コンテナ取扱量国別ランキング【ハブ港湾】

今回は、コンテナ取扱量の国別ランキングをご紹介します。
貿易取引量が多い国がランキング上位にくることが想像できますが、国際ハブ港湾が整備されている国も上位にくると考えられます。
さて、それではどの国のコンテナ取扱量が多いのでしょうか?
国土交通省の好評資料から、2014年のコンテナ取扱量の国別ランキングをご紹介します。

コンテナ取扱量国別ランキング

※右欄数値はコンテナ取扱量(万TEU)

1位 中国 18,164
2位 米国 4,649
3位 シンガポール 3,483
4位 韓国 2,380
5位 マレーシア 2,272
6位 香港 2,230
7位 アラブ首長国連邦 2,090
8位 日本 2,074
9位 ドイツ 1,969
10位 台湾 1,643
11位 スペイン 1,471
12位 オランダ 1,251
13位 インドネシア 1,190
14位 インド 1,166
15位 イタリア 1,131
16位 ベルギー 1,119
17位 ブラジル 1,068
18位 ベトナム 953
19位 イギリス 935
20位 エジプト 881
21位 タイ 828
22位 パナマ 794
23位 トルコ 762
24位 オーストラリア 752
25位 フランス 665
26位 サウジアラビア 633
27位 フィリピン 587
28位 カナダ 558
29位 メキシコ 527
30位 イラン 516

出典:国土交通省ホームページ (http://www.mlit.go.jp/
「 世界の国別コンテナ取扱個数ランキング 」を加工して作成

まとめ

中国がダントツ1位の結果となりました。上位は東アジア・東南アジアで占められていますが、経済発展とともに国際ハブ港湾が整備されていることが原因だと考えられます。
日本は8位と経済規模の割にランキングは下位の結果に。
日本も港湾のハブ化整備や行政支援などが必要かもしれませんね。

以上、コンテナ取扱量国別ランキングでした。





割れない鏡リフェクス(PR)

テレビでも話題の割れない鏡リフェクスミラー
安全・鮮明・超軽量と三拍子そろった鏡です。

ガラス製カガミの1/6の重量
大型鏡で起こる歪みがない0.025mmの特殊フォルム使用