ビジネス forbes

日本4位、高齢者の貧困率ランキング

65歳以上で、所得が自国の世帯平均金額の50%に満たない貧困層のレポートが、OECD加盟国より発表されました。

OECDのレポートによると、65歳以上の貧困率が最も高い国は韓国で、その割合はなんと50%にのぼる。オーストラリアとアメリカでも年金生活者の貧困率が高く、それぞれ35.5%、21.5%となっている。一方、年金生活者の貧困率が低いのはオランダとフランスだ。韓国では年金制度が十分に整っていないことが、高齢者の貧困率の高さにつながっていると、レポートは述べている。

 

1位 韓国

49.6%

平均370万円前後(公務員の平均年収は580万円)

公務員の給与が高すぎるとの国民からの批判が大きい。

2位 オーストラリア

35.5%

平均収入372万円

所得の約50%を所得税と社会保障金として納税。

3位 アメリカ

21.5%

495万円

税率は、31.6%と低いのですが、国民の多くが健康保険に未加入であるという現実もあります。

4位 日本

19.4%

平均年収は、442万円(2016年)

5位 トルコ共和国

平均年収・・・不明

6位 イギリス

平均年収652万円

7位 ドイツ

平均収入372万円

所得の約50%を所得税と社会保障金として納税。

8位 イタリア

平均年収458万円

9位 ポーランド

平均年収170万円

10位 アイルランド

平均年収815万円

 

 

日本の高齢者は、たくさんお金をもらっている感じなので、驚く順位ですが、年収による貧困率の順位の為、貯蓄や資産、実際の生活レベルとは異なると考えられます。

出典:ForbseJapanより





割れない鏡リフェクス(PR)

テレビでも話題の割れない鏡リフェクスミラー
安全・鮮明・超軽量と三拍子そろった鏡です。

ガラス製カガミの1/6の重量
大型鏡で起こる歪みがない0.025mmの特殊フォルム使用